みなみの日々の進化日記です。パン作り・写真・お菓子作りが大好き^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by みなみ
 
[スポンサー広告
3月2日 マフィン調査2(レシピメモあり)
Canon Kiss デジタルX EFS 18-55mm F3.5-5.6 □USM

お久しぶりです。
ごたごたばたばたと先週末は実家に帰ったりをして
更新が^^;
今日からまた毎日更新して、どうにかリアルタイム更新を目指したいところ・・・。
だってこの記事、3月初めの内容。。。

気を取り直してマフィンの調査結果2です。
その後も同じようなマフィンを幾度か作ってます。
結果、個人的にはAかBが好きです。
本当にしっとりが食べたい時はB
普通なマフィンはA。

img20080319.jpg


コメントに頂いたとおり、
この写真たちじゃ見にくいですが
Aが一番膨らんでいました。
バターに対して粉と水分で決まるのかなぁ。

img20080319_1.jpg


おお、画像に書くのを忘れてますが
右からA,B,Cですね。
見にくいなぁ。。。
実はですね、Aって何か入ってる?って良く聞かれたんです。
小麦粉のほかに、アーモンドとか、ライ麦だとか。
それがこの切り口を参照してほしいのですが
両端(A,C)のマフィンは色が・・・
茶色っぽくなっているところわかりますか?
点々と、、、
これって何でしょう?(笑
写真ではCもでてるんだ?と今しりました。
(Cは蜂蜜が強くて蜂蜜の強さばかり意識しちゃってました^^;)
三温糖で作ったからですかね?
でもそれならA、B、Cと使っているし。。。

と疑問を投げかけたところで
Aのレシピです。

マフィンAのレシピ♪
材料@
バター 60g
砂糖
 三温糖50g
 グラニュー糖10g
卵 1個
薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ1
牛乳 60cc

下準備@
・バター、卵、牛乳を常温に。
・卵は割ってときほぐしておく
・砂糖は合わせておく
・粉類は合わせて2回ふるっておく

作り方@
□バターをクリーム状になるまであわ立てる
□砂糖を3回に分けて入れ、その都度よく混ぜる。
 この作業は結構根気が必要ですが、しっかりと混ぜてください!
□卵を5回に分けて入れ、その都度よく混ぜる。
 分離を防ぐためにも1回入れたらしっかり混ぜ、を繰り返してくださいね!!
□粉類の3分の1量→牛乳2分の1量→粉類の3分の1量→牛乳2分の1量→粉類の3分の1量と順にいれ、その都度へらでさっくりと混ぜる。
□180度に温めたオーブンで23分焼く。
(オーブンによって違うと思いますので、加減してください。)

B,Cも変わりません。
粉類のところにアーモンドパウダーが入ったり(Bのこと)
牛乳がヨーグルトになったり蜂蜜は粉類を混ぜる前(Cのこと)
材料はこちらを確認してください。

オーソドックスのマフィンはA
しっとりはB
子供向けはCかな。

で、ここで新たな要望が・・・・っ!!

「さくさくしたマフィンが食べたい!!」

確かにしっとり系なんですよねー。
それかしっとりと硬い感じ?<A

・・・アメリカンマフィンってどんなのなんだろう。
しっとりしているのがアメリカマフィン?
もしかしてさっくりか!!??
・・・前提を分かっていない私(遠い目

私が食べたことあるマフィンっ
勤務先が三鷹なので三鷹にある「マフィナリーズ」かミスドくらい。
マフィナリーズのマフィンはふわふわって言うより
歯ごたえがあって、ちょっとしっとり??
ミスドは・・・覚えていない^^;
食べてみなければっ


とりあえず、作り方にも疑問があって?
さっくりと混ぜる時にもうちょっと混ぜる時間を半分くらいに短縮したらどうなるだろう・・・。(混ぜすぎたらきっとグルテンが出るはずだし
とか。
粉と水分の量をもうちょっと遊んでみて・・とか。

やって見たいことはいっぱいありまして(笑

・・・バターよ、なんでそんなに高いんだい?(うわーん。
25日が給料日なのでその後また実験してみます(笑
水分大目、粉大目、作り方もなるべき混ぜないやり方とか
考えてみたいと思います。
なんか試してみたほうがよさそうなことがあったら
アドバイスください><!!!
もれなくマフィンがついてきます!(こら
スポンサーサイト
Posted by みなみ
comment:0   trackback:0
[お菓子
comment
comment posting














 

trackback URL
http://minamisymphony.blog43.fc2.com/tb.php/48-78cdb839
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。