みなみの日々の進化日記です。パン作り・写真・お菓子作りが大好き^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by みなみ
 
[スポンサー広告
スコーンと・・・・。
失敗作なんですが。。。


suko-nnのコピー

写真はすっごく気に入っているのです。
バックの赤頭巾ちゃん、見えますか??><
布で仕切って、撮影。いろんな布ほしいなぁ・・・・。

どこが失敗作って、、、
この子、ベーキングパウダーを入れすぎました^^;
図書館でアメリカンお菓子の本を借りてきた中に、スコーンのレシピがあって。
作ってみたけど、、、ベーキングパウダーも計量をちゃんとして・・・。
けどもけども、そのレシピ自体のベーキングパウダーの量が結構多くって・・・。
ふわふわなスコーンになっちゃいました。無念。
私は固めが好きなんだ><!!!!(笑


☆☆
recipe_blog_1.gif ←よろしければワンクリックお願いします★

以下、愚痴です(爆

 more...

スポンサーサイト
Posted by みなみ
comment:5   trackback:0
[スコーン
スコーンのレシピ@一緒につくってみませんか?
■Canon Kiss デジタルX EFS 18-55mm F3.5-5.6 Ⅱ USM
■2008年8月19日作成

スコーン_00

意外とスコーン記事を喜んでくれる人が大勢いてうれしいです^^
今日はレシピをご紹介!のまえに・・・

スコーンとは
スコーン(英語:scone)は、スコットランド料理のバノックより重いパン。
小麦粉、大麦粉、あるいはオートミールにベーキングパウダーを加え、
牛乳でまとめてから軽く捏ね、成形して焼き上げる。粉にバターを切り込んだり、
レーズンやデーツなどのドライフルーツを混ぜて焼き上げられることも多い。
現在では発祥地のスコットランドのみならずイギリス全土で食べられており、
また大西洋を渡ってアングロアメリカでもよく食べられている。
イギリスのプレーンスコーンはアメリカ合衆国でビスケットと呼ばれているものとほぼ同じであるが、ビスケットにはバターの代わりにショートニングを使うことが多く、牛乳の代わりにクリームを使うこともある(クリームビスケット)。一方、北米でスコーンといえば具入りのもののみを指す。(スコーンWikiより

今日エミリオさんとお話をしていて、私ってばスコーンのことを何も知らずに
作っていた!!と色々と歴史も調べちゃいました^^;
歴史を知ると、なんだか親近感アップ。
そんなスコーンの私の作り方です。

スコーンのレシピ(くるみ入り)
□材料□□
薄力粉220g 全粒粉30g ベーキングパウダー小さじ2 塩ひとつまみ、砂糖30g、
バター(無塩)50g、
蜂蜜20g、卵1個と牛乳を合わせて140cc
くるみ(ロースト済み)60g

□準備□□
・クルミをローストしましょう!!オーブンを160度に余熱し、10分焼きます。
荒熱が取れたら、適当な大きさに刻んでください。
7ミリ角ぐらいです。私は手で適当に砕いています。
ローストしたクルミは冷めないでつくりだすとバターが溶けちゃうので
冷めてから作り出しましょう^^

・バターを1cm角ぐらいにきります。切ったものはラップに包んで冷凍庫に入れておきましょう。
冬場は冷蔵庫でOKです^^

・薄力粉220g 全粒粉30g ベーキングパウダー小さじ2 塩ひとつまみ、砂糖30gを
18cmボール(22cmでも^^)にいれてください。
別の容器に、卵1個と牛乳を合わせて140cc、蜂蜜20gを入れて卵を溶かしておきましょう。

□作り方□□
スコーン_02①まずはすべての材料が入っているか確認してくださいね^^
抜けていると大変ですよ~>< よく私はベーキングパウダーを忘れます。。。
写真には入っていないのですが、作業を始める直前に、バターも冷凍庫から出しておきましょう^^




スコーン_03②ボールの中のものを混ぜましょう。手でこすりつけるようにして混ぜるとグ~です♪
混ぜとかないと塩の塊ができたりしますよ~>< 粉に空気を入れてあげる感じですっ





スコーン_04③ボールにバターを入れて、カードで切るように混ぜます!!
バターと粉を切るようにあわせていくのです。
最初はバターを切って、切り口と粉をあわせるように混ぜていくといいですよ。
バターがどんどん見えなくなってくるのです。そうなればおしまい。
バターのちょっとした塊があるくらいで大丈夫です。



スコーン_05④バターが見えなくなってきたら、別の容器であわせておいた、卵1個と牛乳を合わせて140cc、蜂蜜20gを入れましょう。
カードを使って切るように混ぜてください!
こなっけがなくなってきたら終了です。完全になくなる前に終了してね。




スコーン_07 ⇒ 混ぜる ⇒ スコーン_09
⑤フィルタリングを入れましょう。
今回はくるみなので、全量一気に加えてください。
そして切るように混ぜます。全体にクルミが混ざったらOKです。


スコーン_10スコーン_11スコーン_12スコーン_13
⑥台の上に軽く粉をふり(かけすぎないほうがおいしいスコーンになります!ふわふわして割れ目のあるスコーンを目指すなら、粉ふりは控えめがお勧め!!)
長方形に記事を広げます。 横におおよそ三等分し、カードで切ります。
その3枚を重ねて手であわせます。
熱でバターが溶けるので、すばやく行動しましょう!!!

※⑥の「うち粉」は強力粉のほうがいいそうです!
薄力粉と粒子の大きさが違うので生地にまざらないため、強力粉がおすすめ(クッキーの時も) だと
アドバイスいただきました^^

裏技としてはうち粉使わずラップ敷いて生地のせて 上にまたラップのせて作業
扱いにくいときは冷凍室に5~10分放り込む。
※nanakoさん、アドバイスありがとうです!!

 ⇒nanakoさんのBlogはこちらから^^ おいしそうなお菓子たちに驚いちゃう
  おいしそなう手作りお菓子がいっぱいですよ^^
  
 私も先週今週と十数回スコーンを作っていますが、うち粉はなるべく付かないほうが
 本当においしかったです。できるだけなしでがんばりましょう><
 画像もそのうち変えときます←今日作る気(笑)(8/23追記)


スコーン_14⑦生地を横にして⑥の作業(横三等分に切って重ねる)をもう2回繰り返します。
こうすることで層を作って膨らみやすくするのです。
終えたら、ラップに包んで冷蔵庫で30分から1時間休ませます。
休ませないでも作れますが、休ませたほうがおいしいと思います。
その間にオーブンを200度にあたためます(余熱)。



スコーン_15⑧好みの型で抜いたり、四角にきったり、好きな形に切ります。
厚さは2cmぐらい。
大体直径6cm円で10個分です。
(写真は大きめのスコーンが作りたかったので8等分^^;)








スコーン_16⑨天板に生地をのせ(いどうさせるとき、切り口には触らないようにしてください!!)200度のオーブンで
15分焼いたら完成です^^


私の基本のスコ-ンの作り方でした!!
皆さんの作り方はどんな作り方ですか??もしも違うようでしたら教えてほしいです^^
また、もしレシピで不明点や改善点があったら教えてください^-^


スコーンを気にするようになって、スコーンを見ると買ってしまうようになりましたよ~(笑
今日はベーキングパウダーもイーストも酵母を使用していないけども
膨らんでいておいしいスコーンに出会いました^^
どうやったら作れるのか気になるところです。。。


明日は今日作ったヴェノワの紹介です^^

↓クリック応援、よろしくお願いします^^
banner2.gif
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
Posted by みなみ
comment:24   trackback:0
[スコーン
スコーン@薄力粉でバター控えめ?
■Canon Kiss デジタルX EFS 18-55mm F3.5-5.6 Ⅱ USM
■2008年8月19日作成

スコーン

スコーンです。
今回の注文は柔らかくて食べやすいほろほろとしたスコーン。
バターは少な目がいいな~と友人から依頼を受けて作りました。

スコーン2

私はいつもバター50gを基準としてスコーンを作っています。
それに対して粉の分量を決めたり、水分足したり・・・
このレシピは私が作るスコーンのレシピの中でもバターは少なめ。
つまり(バターを50gにすると)粉や水分の材料が多くなり約10個分の配合です。

薄力粉220g 全粒粉30g ベーキングパウダー小さじ2 塩ひとつまみ
バター(無塩)50g、砂糖30g、蜂蜜20g、卵1個と牛乳を合わせて140cc
くるみ(ロースト済み)60g

大体直径6cm丸型で10個分の材料です。

さっくさくしていておいしかったです^^
バター少なめなのですが、牛乳と卵が入っていてしっとり。


で、↓、これは上の材料のベーキングパウダーを小さじ1にしたバージョン。
スコーン3

いままでベーキングパウダーって何g入れるかなんて意識したことはなく
大体、、、で入れてました^^;
だから小さじ1ならどうなる?小さじ2なら?小さじ3なら??と試してみました。

スコーン4

左が小さじ1、右が小さじ2.
右のほうが断然おいしかったです。
でも小さじ3入れたものは・・・・なんだかベーキングパウダーの味を感じて
私は駄目でした。。。^^;
友達はそんなことないといっていたのですが。
写真は撮り忘れなのですが、小さじ2よりちょっと膨らみが大きかったです。


作り方も細かく載せようと思って写真は撮っているのですが
ちょっと今日も仕事が忙しく・・・^^;
持ち越しです(遠い目)


スコーンのレポを書いてといわれて、レシピも載せようと考えた結果
ベーキングパウダーに注目することができました。
粉何gに対して、どのくらいの量を入れるのが基本なのかなあ。
ベーキングパウダーを久しぶりに手に取った私にはちんぷんかんぷん。
食べ比べて一番おいしかった配合がわかったからうれしかったです^^

今度はインスタントイーストのスコーンも食べたいなあ。

お友達がこのスコーンが大好きだといってくれたレシピを作れたことがうれしかったです。
ふんわりとさくさくなこのスコーン。
アレンジも楽しそうですよね~♪


明日はパン紹介の予定です~

↓クリック応援、よろしくお願いします^^
banner2.gif
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
Posted by みなみ
comment:26   trackback:0
[スコーン
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。